ネイリストは国家資格ではありませんが、ネイル業界としての資格にネイリスト検定があります。

けい普通の顔

ネイリスト協会のもので6つあり、全て一発合格でも取るのに2年近くかかります。

頑張って取った検定は、あなたの強みですよね。

でも、仕事の相手はネイリストではなくてお客様です。

けい普通の顔

ネイリスト検定がそのお客様に対しての強みになるかといったら、残念ながらそうではないんです。

どうしてかというと、ネイリスト検定はネイルサロンに就職するときに必要なのであって、お客様にとって必要なものではないからなんです。

けいひらめいた顔

お客様があなたから欲しいのは、「ネイリスト検定」ではなく、「自分がどうなれるのかという結果」です。

ネイリスト検定は、ネイル業界での判断基準です

ネイリストは国家資格ではありません。

けい普通の顔

なので、検定がなくてもネイリストになれます。

でも、検定のはひとつの判断基準でもあるんです。

例えばネイルサロンのオーナーが「このネイリストはどのくらいのレベルかな?」と考えたときに、ネイリスト検定があればある程度の実力がわかります。

スタッフを募集するときに「ネイリスト検定◯級以上」と書いておけば、一定以上の技術があると証明されたネイリストをまず集めて、それから選別することができます。

けい普通の顔

そういった意味では、ネイリスト検定を持っていないネイリストは、ネイルサロンに就職することは難しくなります。

あなたがネイリストとしての経験を積むために、サロン勤務をしたい、そう考えているならネイリスト検定は必要です。

でも、どこまで必要なのかは自分の判断になります。

ネイリストとしてネイリスト業界内で上を目指すなら、ネイリスト検定1級を取って認定講師、本部認定講師と進む道があります。

けい普通の顔

そうではなく、自宅サロンやひとりサロンをオープンさせて「ネイルを自分の仕事にすること」が目的だったらどうでしょう。

自分の作りたいサロンで、ジェルやアクリルの長さ出しが必要ないなら、ネイリスト検定2級とジェルネイル検定中級で十分です。

長さ出しを全く行うつもりがないなら、ネイリスト検定3級とジェルネイル検定初級でも良いんです。

お客様はあなたに検定を求めてはいないんです

お客様は、あなたに何を求めているんだと思いますか?

ネイリスト検定◯級だからこの人の施術を受けたい。お客様はそんな判断はまずしません。

お客様はあなたの検定という、ひとつの肩書きにお金を支払うのではないんです。

けい普通の顔

あなたに施術をしてもらうことによって、自分が望む状態の結果にお金を払います。

だから、「私はネイリスト検定1級です!」「ジェルネイル検定上級です!」とアピールしても、それがお客様の心に響くことはないんです。

「あなたは私に何をしてくれるの?そして、私はどうなれるの?」

けい普通の顔

その答えが、お客様がお金を払う基準なんです。

お客様が求めていることって何?

お客様が求めていることって、何だと思いますか?

お客様は「私の悩みが解決した!嬉しい!」「なりたかった状態になることができた!幸せ!」と感動したいんです。

けい普通の顔

その感動が、お客様の求めていることなんです。

その感動をお客様にお伝えすることができたなら、同じサービスが1万円でも5万円でも良いのです。金額ではないのです。

金額を基準として考えていたら、感動は与えられないんです。

けい普通の顔

金額を基準としているお客様はあなたのお客様ではありません。

そのようなお客様は「割引してもらって得した」「他のサロンは◯◯◯円だったラメグラデーションが、このお店では1000円安かった」という、値段でしか感動しないお客様です。

そうなると、安ければ安いだけ素晴らしいという価値観なので、あなたの隣に100円安いサロンができたらそちらにいってしまいますよ。

まとめ

ネイリスト検定があるかないかではなく、お客様に何を提供できるのか、どんな素晴らしい結果(未来)を提供できるのか。

それがあなたの価値なんです。

けい普通の顔

お客様が求めているのは、それなんですよ。

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう