常連のお客様から、とても考えさせられる話を聞きました。

その方(S様)は私の自宅サロンまで1時間かけて通ってくださる方で、約3週間に1度ご来店くださいます。

ですが、ご都合で予約が1回飛んでしまいました。

でも手元を使うお仕事なのもあり、近くの別のサロンで施術をしてもらう必要がありました。

そこでS様が感じたことを聞いたので、シェアします。

大事にされていないと思った

私の施術は、特許出願中の爪のエステケア技術を取り入れたものです。

ネイルケアをした爪のアップ

写真のように、ジェルオフをした後は爪の角質をしっかりと取り除くことをまず最初に行います。

この施術が「当たり前」のS様にとって、通常のジェルネイルのドライケアはとても雑に感じたそうです

そして特にジェルオフのやり方が違うので、写真とは違ってジェルを取り除いた後は白くガサガサした状態に。

その時、「雑に扱われて、私は大事にされていない」と感じたそうなんです。

満足のいく施術にお金を払いたい

ネイルをオフするときにデザインを見ましたが、可愛らしいデザインで見た目には何も問題ないんです。

でも、オフをして見えてきた爪はところどころ赤くなり傷んだ爪でした。

そのネイルの金額は、オフ込みで6000円くらいだったようですが、私のサロンで同じデザインをするとその倍かかります。

S様は「倍の金額を払っても、けいさんのところでネイルがしたい」と言っていました。

それはどうしてだと思いますか?

自分が満足することにお金を払いたいから。

安かったとしても、それが満足いかないものだと満たされることはありません。

それなら自分が納得するものにお金を払いたい、そういう気持ちです。

もしS様の大切にしていることが安ければ安いほど良いという価値観だったら、私のサロンは逆に「満たされないもの」になります。

倍もお金を払うなら、私のサロンではなく別のサロンに2回行けば良かったって思いますよね。

あなたの価値観と同じお客様が集まる

ここでお伝えしたいのは、自分がどんなお客様に来てもらいたいかが、お客様にもちゃんと反映しているということなんです。

安くなければお客様は来ないという価値観のサロンには、安いことが価値であるというお客様が来ます。

金額ではなく、お客様にこんな幸せな未来を提供したい!と考えているサロンには、金額が判断基準ではなく、提供してくれる未来に共感してくれたお客様が来ます。

どちらが良い悪いではなく、この価値観が合っていることが大切で、そこが合わないと双方にとって何も幸せなことはありません。

安い金額で施術はしたくないんだけど・・・

安い金額で施術をしているけれど、本当はそうしたくないと思っているネイリストさんもたくさんいます。

でも、どうして安くしてしまうのだと思いますか?

安くないとお客様が来ないから、安いほうがお客様のためだからと言います。

でもそれは実は「お客様が」ではなく、施術するネイリストがそういう価値観を持っていることが多いです。

自分は高いサロンにはいかないし安いものを求めている、でもお客様には高いものを買ってもらいたい。

どう考えても無理があるんです。

自分自身の価値観が変わらないまま、それをお客様に求めても歪みが出てしまいます。

もっと高くてもいいのにと思っています

私の話になりますが、いつも行ってている美容室に信頼して毎回指名している美容師さんがいます。

ずっと通っていた美容室の予約が取れなくて、たまたま空いていたからと行ったのですが、その時に担当してくれた美容師さんがとても良かったんです。

そのサロンはあまり施術料金は高くなく、こんなに満足しているのに安い金額しか払わないのは気がひける、毎回そう感じています。

でも、そのサロンが値上げすることはないんです。

多分、安さで集客しているんでしょうね。

ですがその美容師さんは雇われていますから、自分で値上げすることはできません。

でももしその美容師さんが独立して遠くに店を出す、施術料金も倍になると言っても、私はそこに行きます。

それは、その美容師さんの技術と人柄を絶対的に信頼しているからです。

そんな美容師さんですから、いつも指名でいっぱいでなかなかすぐに予約を取ることはできません。

まとめ

自分の価値観とお客様の価値観は一致していますか?

そこが一致すると、大好きな常連様に囲まれて幸せな仕事をすることができますよ。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう