50歳でネイルサロン開業したい!【過去メルマガ2021/4/8】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
立て続けに
「あと10年若かったら・・・」
という言葉を聞きました。

私も40代後半なので
わかりますよ!!
30代だったらな~なんて
思うことも
やっぱりあります^^

そんな時は
10年後から
タイムスリップして
今があると考えてみると
良いですよ。

57歳の私から
10年若かったら・・・と
思っていたら

なぜか47歳に
タイムスリップした!!

そう考えると
あと10年若かったらと
躊躇することも
チャレンジ
しやすくなりませんか?

きっと
何年経っても
もう少し若かったらって
思うはずなんですよね(^_^;)

ただ、
チャレンジするにしても
年齢によって
少し変えなくてはならないことが
あります。

それが今日のタイトルに
繋がるのですが、

50歳だけれど
ネイルサロンを開業したいと
生徒さんから
相談がありました。

50歳からネイルサロンを
開業する場合と
30歳で開業する場合

目指すゴールが
変わってくるんです。

残念ながら
50歳というのは
年を追うごとに
老眼が進み
体力が落ち
疲れが取れなくなります。

なので、
これからどんどん
新規集客をして
お客様の数を増やして
収入を上げていくという

30歳で開業した人にはできても
50歳では難しいこともあります。

そうすると
どんどん人数を増やす
仕事の仕方はできません。

となると、
客単価を上げて
人数をむしろ減らしていったり

施術の経験を活かした
講師業にシフトしたり
別のやり方を目指したほうが
現実的なんです。

プロテケアネイル®でも
先生になりませんか?ということを
お伝えしています。

それは
いずれ施術をいまよりも
出来なくなる時が
くるからです。

講師なら
何歳になってもできますし
何よりいままでの
施術経験が活きてきます^^

何をするにも
遅すぎることはないけれど
どうそれを展開していくかは
年齢によっても
変わってきます。

この年齢だから
目指せるゴールについて
考えてみると
夢に向かう道筋が
見えてきますよ^^

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ひかり先生セミナーフライング募集です【過去メルマガ2021/6/25】

  2. 傷んだ爪の人でもジェルネイルを長持ちさせられる?【過去メルマガ2021/6/23】

  3. 東京都に新しくプロテケアネイル®認定講師が誕生しました【過去メルマガ2021/6/22】

  4. やらない人のほうが多いです【過去メルマガ2021/6/21】

  5. 教わった知識の取捨選択【過去メルマガ20201/6/20】

  6. プロテケアネイル®の講師会でした【過去メルマガ2021/6/18】

PAGE TOP