シアー系カラーでジェルが浮きやすい話【過去メルマガ2021/10/30】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
昨日一昨日と、
ジェルネイルの
持ちにかんすることを
お伝えしてきました。

今日は
カラージェルについて
お話ししますね。

カラージェルは
ざっくり言うと
ベースジェルに
顔料が入ったものに
なります。

この顔料の量によって
持ちが変わるんですよ。

タイトルにもある
シアー系のカラージェルは
見た通り顔料が少ないです。

ということは、
顔料が少ない分
ジェルとしての
硬さが出る
ということなんですね。

ベース+カラー+トップで
かなり硬さが出るため、

私のように
薄くてジェルが
取れやすい爪では
その硬さと爪の動きが連動せず
浮きやすいんです。
(この連動させることが
とっても大事!
プロテケアネイル®で
大切にしている
考え方の1つです!)

ベースと爪の関係、
ベースとトップの関係、
そしてカラージェルとの関係。

考える要素って
色々ありますね。

あと
カラージェルにも
酸性・弱酸性があります。

これによっても
持ちやオフのしやすさが
変わってきます。

このお話しは
また明日^^

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. そのお客様は必要としている?【過去メルマガ2022/1/25】

  2. 今年最初の講師会でした【過去メルマガ2022/1/20】

  3. こんな爪の状態が緩和されていきます【過去メルマガ2022/1/19】

  4. 爪のひどい状態が緩和されていくのはなぜ?【過去メルマガ2022/1/18】

  5. ジェルネイルのオフに時間がかかる人の共通点【過去メルマガ2022/1/17】

  6. 技術を教える先生になることをお勧めする3つの理由【過去メルマガ2022/1/15】

PAGE TOP