アクリルで巻き爪緩和、半年後の様子【過去メルマガ2022/2/12】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます

昨年の7月末に、
アクリルで巻き爪緩和を
開始したお客様。

初回来店時の巻き爪(自爪)の様子

初回のアクリル緩和後の様子

約1か月後
来店時の巻き爪(自爪)の様子

2回目アクリルでの
巻き爪緩和後の様子

このように2回
アクリルを使って
巻き爪緩和を行いました。
※毎回アクリルの上に
ジェルネイル施術

その後は
もうアクリルを使わず
自爪に
ジェルネイル施術を
行って、

初回から半年後の
自爪の様子が
こちらです。

緩和された状態が
続いていますね^^

初回来店時(1枚目の写真)は
お客様はいつも痛くて
困っていました。

でも、
通っていたネイルサロンでは
そのまま施術されていたそうで
どうにもならないものだと
思っていたそうです。

ジェルネイルは
収縮するので
巻き爪の方は
巻がひどくなることも
あるんです。

巻き爪緩和は
うねるように
ひどいものではないなら

アクリルでも
緩和することができます。

そして
例えばプレートを貼ったり
牽引して行う方法で
巻き爪緩和をした後に

それを保つ
1つの方法としても
使うことができます。

今持っている技術と
ネイルの材料で
お客様の役に立てるのは
嬉しいですよね^^

プロテケアネイル®では
アクリルの使い方から
巻き爪緩和の方法まで
お伝えする
単発講習を行っています。
(1時間半16500円)

興味のある方は
メルマガに返信して
お問合せくださいね^^

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ジェルを使わない自爪育成に限界を感じて・・・【過去メルマガ2022/11/29】

  2. 弱酸性のジェルに挫折したネイリストさん来てください【過去メルマガ2022/11/24】

  3. 銀座サロンの業務委託ネイリストさん募集します【過去メルマガ2022/11/21】

  4. ジェルすることがケアになる!次世代ネイルメソッド【過去メルマガ2022.11.20】

  5. プロテケアネイル®の自爪育成はなぜ結果が早くて持続するのか【過去メルマガ2022/11/10】

  6. どうしてホームケアでジェルが長持ちするの?【過去メルマガ2022/11/6】

PAGE TOP