ネイリストになるための検定受験には、必ずハンドモデルさんが必要ですね。

私も検定を受けている時期は、3人のハンドモデルさんにお世話になりました。

そのハンドモデルさんといつまでお付き合いしていますか?

検定が終わってプロになったら、ハンドモデルさんとの練習は必要ないのでしょうか。

私は今もずっとハンドモデルさんとお付き合いをして、練習をしています。

検定受験時期のハンドモデルさんたち

ネイリストのひとつの関門でもある、ハンドモデル探し。これに苦労している人も多いようです。

私はその当時、アメブロで3人とも探しました。

ハンドモデルやりますのグループから2人、自分で募集して1人ご縁がありました。

人と人との付き合いですから、信頼関係が一番大切です。

それが崩れて、絶望感に苛まれた時もありました。

今でも心に残っていることは、ネイリスト検定1級試験日の1週間前にキャンセルされたことですね。

理由が納得できないものだったのですが、ずっと彼女の手で練習をしてきて1週間前にキャンセルされてしまい、途方にくれていました。

1級受験を見送ろうかと思ったのですが、その時に直前にもかかわらず快く引き受けてくれたのが、今でもお付き合いのあるハンドモデルMさんです。

人のためにここまでしてくれるんだ

そのMさんは当時体調があまり良くなく、無理はさせたくないと思っていました。

その時にMさんは私に言ってくれました。

「けいさんがあんなに頑張って練習をしてきたのに、受験できないなんて。大丈夫、私はやります。」

涙が出ました。

ジェルネイル検定上級もお願いしていたし、長丁場の検定を2つも付き合わせるのも心配でしたが、彼女の私への強い思いをありがたくいただいてお願いしました。

残念ながら1週間後に受けた1級は不合格、そしてその後私はアクリル商材で皮膚と呼吸器系にアレルギーを発症して受験そのものを断念しました。

彼女のおかげでネイリストになれた

私がネイリストになれたのは、私を支えてくれたそのMさんのおかげなんです。私の努力はやって当たり前ですからね。

彼女がいなかったら、私はネイリストになれなかったと思っています。

ネイリストとハンドモデルさんは一心同体、同じ思いを持って検定に挑まなくては合格することはできません。

私のネイリストになりたいという思いに、あそこまで賛同してくれて協力してくれたMさんの思いは、今でも心の支えになっています。

そして、そのMさんも私がネイリストになって独立し仕事をしている姿をみて、私も頑張りたいと言ってくれ、今ではある分野の講師として独立し開業しています。

今は何を練習しているのか

今はMさんと月1回、お客様に提案する新しいデザインの練習をしています。

ネイルチップにデザインするのでは得られない情報が、実際にMさんの手で施術をすることでたくさん得られます。

彼女からのフィードバックも、とても貴重な情報です。

さらにその手に施術をした画像をお客様に見せることで、よりデザインをした時どうなるかをイメージしてもらうことができます。

まとめ

私は受験を全て終えた時に、Mさんに伝えました。

「Mさんのネイルは、私が一生面倒見るからね!」

彼女と練習をするたびに、ネイリストになれた喜びやありがたさを思い出し、初心にかえるための大切な時間にもなっています。

 

来月の予約表が埋まらない不安から解放されるダウンロードテキストプレゼントはこちらから

この記事が気に入ったら
いいね!しよう