ネイル講習を行っていると、「ネイルマシンを使うのが怖い、どうしたらいいのか」と聞かれることがあります。

女性の中には、機械全般に苦手意識を持っている人もいますよね。

苦手意識があっても、やはりネイルマシンは時間短縮だけではなく、手ではできない細かい作業もすぐに行うことができるので、使えるようになって損はありません。

機械怖い、お客様に怪我をさせてしまうのではと悩んでいるのなら、慣れるまで自分の爪で何度も練習してみてください。

そして、ある部分を見極められるようになったら、劇的にネイルマシンを扱うのが上手くなります。

どうして爪まで削ってしまうのか

私はネイリストになる前のセルフネイラーのころから、ネイルマシンを使っていました。

でも、ネイルマシンの知識もなく使っていたので、ジェルだけではなく爪まで削ってしまったことがあります。

爪を削ってしまう原因は、爪とジェルネイルの境目がわかなないことが原因です。

この境目を見極められるようになったら、ネイルマシンを使いこなせたも同然です。

では、どうやって見極めたら良いのでしょうか。

マシンの練習方法

私はネイルスクールに通うようになって半年後から、ネイルサロン勤務をしました。

そこでは全員ネイルマシンを使うことが義務付けられていましたから、爪を削ってしまうなんて言語道断、サロンワークができなくなってしまいます。

そうは言っても怪我をさせてしまったらと不安で、毎日自分の爪で練習をしました。

その練習方法はいたってシンプル、自分の爪の上にジェルネイルを乗せて削るだけです。

ジェルネイルを乗せて、削る。またその上にジェルネイルを乗せて、削る。その繰り返しを何度も行います。

ネイルハンドにチップを貼ってジェルネイルを乗せて練習するのも一つの方法ですが、ネイルハンドは痛い熱いと苦情を言いませんから、ハンドでの練習は本当の初期段階にネイルマシンの使い方を練習する場合にしたほうが良いです。

自分の爪で練習することで、どのくらいの圧をかけたら痛いのか、熱いのか、削り具合はどうなのかを身をもって知ることができます。

まとめ

自分で自分の爪で練習しないと、どのくらいの圧をかけたら痛いのか、どこまで削ったら爪が出てくるのか、ジェルと爪の境目はどこか、これは本当に経験を積むしかありません。

私は自分自身の爪が薄くペラペラなので、ちょっとでも圧を間違えると大変なことになります。

でもそれが幸いして、しっかりと見極めることができるようになりました。

自分が痛い怖いといった思いをしないと、お客様の気持ちはわかりませんね。

その経験があるからこそ、安心してお客様が施術を受けてくださることができます。

ネイルマシンが怖いのなら、どんどん自分の爪で練習しましょう。それが一番のネイルマシン習得への近道です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう