ベースジェルが爪組織に入り込む弊害とは?【過去メルマガ2021/2/16】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます

昨日のメルマガで
酸性のジェルは
爪組織に絡み合うように
入り込んで
定着すると
お伝えしました。

その定着方法には
弊害もあるんです。

・定着力が強いので
オフがしにくい

・浮いたり剥がれたりした場合
入り込んだ部分も一緒に
剥がれてしまうので
爪が薄くなっていく

・フィルインに使うことが
多いので
全く浮かせずに施術ができないと
かえって爪を傷めてしまう

そして
ジェルが組織に入り込むことで
オフをしたように見えても
爪の中にジェルが
残っているんです。

その残ったジェルは
上に乗せた別のジェルを
はじいてしまい
定着が悪くなることがあります。

酸性のジェルの弊害と
定着が良いという利点を
天秤にかけたときに

あなたなら
どのような判断をしますか?

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 酸性のジェルで爪を傷めることがあります【過去メルマガ2021/10/24】

  2. ネイリストが爪を削っている?【過去メルマガ2021/10/24】

  3. ジェルネイルで爪が傷む大きな3つの理由【過去メルマガ2021/10/23】

  4. アセトンを使いたくないんですが・・・【過去メルマガ2021/10/22】

  5. 自爪育成はこの4つが大切【過去メルマガ2021/1021】

  6. プロテケアネイル®認定講師の勉強会でした【過去メルマガ20201/10/20】

PAGE TOP