先端のジェルが剥が摩耗しやすいのはなぜ?【過去メルマガ2021/12/1】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
爪の先端のジェルが
施術後すぐに
摩耗してしまうことは
ありませんか?

そうなると、
次の写真のように
先端から
剥がれてしまうことも
あります。

なぜこのようになるのでしょうか。

大きな理由は、
ジェルの塗布量が原因です。

特に「爪が薄くて硬い」方に
起こりがちな現象です。

その理由は
爪の柔軟性があまりないため、

先端に
生活の衝撃が加わった時
が分散せず、
ダメージが大きい。

だから、摩耗も
通常より早いと考えられます。

そのため施術では、
通常よりも先端の塗布量を
多めにすることです。

プロテケアネイル®で言うと、
エッジ→くるみ塗りの工程を
何度か繰り返して
(硬化はその都度ではなく
1回だけ)、

普段より
念入りに乗せます。

なぜかというと、
まず薄い爪は
先端のジェルの量が
少なくなりがちなのと、

その少ないジェルが
表面張力で広がり、

先端に塗
布したつもりが
広がって
他のところへ
流れてしまうからです。

あとは
全体的に
ジェルの塗布量が
少ない場合にも
起こるので、

気をつけて
施術をしてくださいね。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 新しいプロテケアネイル®認定講師が誕生しました【過去メルマガ2022/9/21】

  2. 9月の講師会では薬機法について考えました【過去メルマガ2022/9/21】

  3. ジェルオフ後の乾燥した爪、そのままでいいの?【過去メルマガ2022/9/15】

  4. 本当に「あのやり方」で良いの? 【過去メルマガ2022/8/14】

  5. 15日から価格改定となります【過去メルマガ2022/8/12】

  6. 副爪は爪と一体化していることも多いです【過去メルマガ2022/8/4】

PAGE TOP