爪のひどい状態が緩和されていくのはなぜ?【過去メルマガ2022/1/18】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
今日は
プロテケアネイル®技術を
学んだ生徒さんの
フォロー講習でした。

画像下の親指の写真を
拡大してみますね。

ちょっと見えにくいですが

爪の約半分より手前は
ボコボコとして
色も変色、
サイドもえぐれて
皮膚にめり込んで
三角に生えている状態。
(プロテケアネイル®で
施術をする前の爪)

でも、半分より根元側は
とても良い状態の爪です。

これは、
長年爪がひどい状態で
悩み続けていた方が

プロテケアネイル®で
施術をはじめて3回目
(初回から2か月後)には
半分ほどが
良い状態の爪に
なってきたという
ことなんですね。

このように
爪が良い変化をする理由は

「爪表面から
いらない角質を
すっかり取り除くことで
それらに
美容成分を奪われずに
爪や皮膚へ浸透させることが
できる技術だから。」

これはもう、
プロテケアネイル®では
当たり前の結果なんです^^

私自身が
甲状腺疾患や
アレルギーの影響で
爪にひどい
凹凸ができる状態でしたが

プロテケアネイル®技術によって
いまでは凹凸のない爪を
維持することができています。

お客様が
1~2回の施術でも
しっかり実感できるので
とても喜んでいただけます^^

プロテケアネイル®で施術をすれば
当たり前のように
緩和させられる
困った爪の状態について
明日はお話ししていきますね。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 新しいプロテケアネイル®認定講師が誕生しました【過去メルマガ2022/9/21】

  2. 9月の講師会では薬機法について考えました【過去メルマガ2022/9/21】

  3. ジェルオフ後の乾燥した爪、そのままでいいの?【過去メルマガ2022/9/15】

  4. 本当に「あのやり方」で良いの? 【過去メルマガ2022/8/14】

  5. 15日から価格改定となります【過去メルマガ2022/8/12】

  6. 副爪は爪と一体化していることも多いです【過去メルマガ2022/8/4】

PAGE TOP