ジェルオフが指で触って取れるほどすんなりできる秘密とは?【過去メルマガ2021/10/5】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます

プロテケアネイル®︎技術の
ジェルオフは、

どうして
するんつるんで爪に優しいのか?

以前のメルマガに、
メタルプッシャーで
ジェルを触っただけで
すんなりと除去できる
動画がありました。

今回の動画は、
浮いてきた部分を
触るだけで
ふんわりと除去できている様子です。

(ジェルオフをしているのは
セルフネイルを楽しんでいて、
自分以外の爪に
ジェルをしたのは初めての方です)

なぜこんなに
オフがしやすいのか?

それには2つの理由があります。

まず1つ目は、
弱酸性のプロテケアネイル®︎オリジナル
ベースジェルを使っているから。

弱酸性のジェルは
爪表面にぴったりと
吸着するように定着しているので、
オフもすんなりです。

酸の入ったジェルは、
爪組織の中に
ジェルが入り込んで
がっちりと定着しているので、

なかなかこのようなオフは
できません。

2つ目は、
爪表面のピーリングを行ってから
爪表面にやさしくバッファーを
当てる程度のプレパレーションしかしないので、

定着しすぎないのに
ジェルが長持ちします。
なのにオフがしやすい^ ^

イメージとして
オフのしやすいジェルは
長持ちしないのでは?と
思いがちですが、
そうではありません。

そして
プロテケアネイル®︎の
考え方として、

ジェルネイルが
いつまでも爪に定着していることを
良しとはしていません。

ずっと同じものを
乗せている不衛生さ、

ジェルそのものの質の劣化、

ジェルが
前に移動していくことで起こる
強度不足と
負荷のかかり方の変化。

そういったものを総合しても
1ヵ月ではなく
3週間の付け替えを
推奨しています。

そうなると、
1ヵ月以上
がっちり定着する事は
爪に負担をかける以外の
何者でもないのです。

適正な期間ごとに付け替えをし、
そのたびに
爪のエステを施すネイル技術が
プロテケアネイル®︎です。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 新しいプロテケアネイル®認定講師が誕生しました【過去メルマガ2022/9/21】

  2. 9月の講師会では薬機法について考えました【過去メルマガ2022/9/21】

  3. ジェルオフ後の乾燥した爪、そのままでいいの?【過去メルマガ2022/9/15】

  4. 本当に「あのやり方」で良いの? 【過去メルマガ2022/8/14】

  5. 15日から価格改定となります【過去メルマガ2022/8/12】

  6. 副爪は爪と一体化していることも多いです【過去メルマガ2022/8/4】

PAGE TOP