バッファーをかけた爪の拡大写真です【過去メルマガ20225/30】

###name###さま
こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
2022年夏、銀座3丁目にプロテケアネイル®の旗艦サロンとなる「ネイルサロン&スクール フィオーレフィオーレ銀座」をオープン予定です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
プロテケアネイル®では
いかに爪を
傷めないように施術をするか
プロテケアネイル®
認定講師の先生方と
こだわりながら
講習を行っています。
テキストでも
お伝えしているのですが、
バッファーをかけた爪は
意外と傷が入ります。
どのような状態なのか
ご紹介しますね。
※それぞれ倍率50倍です
元の爪

プロテケアネイル®推奨方法
(180G、なでるように2回バッファーをかけた)

一般的な方法
(180G、軽く2回バッファーをかけた)

そして最後は
180Gのウォッシャブルファイルを軽く2回かけた爪・・・

バッファーもウォッシャブルファイルも
新品ではなく
結構使ったものです。
それなのにこの傷です。
何も考えずに何度も重ねてバッファーをかけたら、
爪が削れてどんどん薄くなるのも
納得ですよね。
ましてやウォッシャブルファイルや
マシンのプレパレーションで
粉が舞うような施術をしたら
どうなるかは想像できます。
1枚目はプロテケアネイル®推奨方法で
ほんとうに優しく
そっと当ててなでただけです。
そのくらいが
限界なのかなと
思っています。
ぜひ参考にしてみてください!
今日もお読みいただき、ありがとうございました。
こちらのメールに返信してもメッセージが送れます。
内容に疑問や質問がありましたらお返事させていただきますので、お気軽にメッセージをしてみてくださいね。
どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 新しいプロテケアネイル®認定講師が誕生しました【過去メルマガ2022/9/21】

  2. 9月の講師会では薬機法について考えました【過去メルマガ2022/9/21】

  3. ジェルオフ後の乾燥した爪、そのままでいいの?【過去メルマガ2022/9/15】

  4. 本当に「あのやり方」で良いの? 【過去メルマガ2022/8/14】

  5. 15日から価格改定となります【過去メルマガ2022/8/12】

  6. 副爪は爪と一体化していることも多いです【過去メルマガ2022/8/4】

PAGE TOP