9月の講師会では薬機法について考えました【過去メルマガ2022/9/21】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます。
2022年8月10日、銀座3丁目にプロテケアネイル®の旗艦サロンとなる「ネイルサロン&スクール フィオーレフィオーレ銀座」がオープン
毎月開催している
プロテケアネイル®の講師会。

今月もたくさんの学びがありました。

特に薬機法に違反しない
表現方法についての学びは
本当に大切です。

例えば
プロテケアネイル®技術は
「爪質改善トリートメント」と
表したいのですが、

改善という言葉は
医療の範囲で
美容では使えません。

〇〇矯正なども
アウトです。

なので、
「爪質補正トリートメント」
という言葉を使っています。

他にも
爪の変化を
ビフォーアフターで
時系列で比較するのも
完全アウト。

ネイリストさんで
比較している方いますが、

完全に法律違反なので
気を付けてください。

とにかく
「変化してはいけない」
「治ってはいけない」んです。

それが許されているのは
医療分野。

エステ業界などは
帰省が厳しいですが、

そのうち
ネイル業界にも
そのメスが入ると思います。

そうなってから
慌てても遅いので、

いまのうちから
しっかりと法令順守に
取り組んでいます。

安心安全、
法令順守、

これは
プロテケアネイル®でも
特に気を付けています。

講師会では
毎月こういったことも含めて
深い学びを
行っています^^

あなたも
ご自身の経験を活かすことができる
プロテケアネイル®の
認定講師を目指してみませんか?

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 自分の子供にそのジェルオフできますか?【過去メルマガ2022/10/5】

  2. 商材アレルギーがひどかったころの話【過去メルマガ2022/10/3】

  3. 商材でアレルギーが出てこうなりました【過去メルマガ2022/9/29】

  4. 新しいプロテケアネイル®認定講師が誕生しました【過去メルマガ2022/9/21】

  5. 9月の講師会では薬機法について考えました【過去メルマガ2022/9/21】

  6. ジェルオフ後の乾燥した爪、そのままでいいの?【過去メルマガ2022/9/15】

PAGE TOP