爪の形を整える時、あまり何も考えずにパチパチと爪切りで切っている方もいますね。

せっかくネイルサロンに来てくださるお客様には、より似合う形や長さを提案したいものです。

この記事では、基本となる形をもう一度おさらいしてみます。

爪の形の種類

爪の形を整える時に、5つの形があります。

それぞれに特徴がありますから、それを踏まえてお客様に提案してみましょう。

ラウンド

ラウンドは、側面はストレートで、先端は円周の一部のようなカーブで角がない、爪先全体がなだらかな曲線を描いている形です。

ネイルファイルを当てる角度は45度にし、両サイドをストレートにして、角を先端に向かってカーブをつくるように削ると綺麗に作れます。

角を削りすぎるとオーバルになってしまうので気をつけます。

女性らしい手元に見せてくれるので、好んでいる方も多いのですが、強度は弱めです。

オーバル

オーバルは先端を卵型に整えた、楕円の形です。

ネイルファイルを当てる角度は45度にし、ストレスポイントから先端に向かって削っていきます。

角を削りすぎるとポイントになってしまので気をつけます。

男性的な印象の手元でも、女性らしく見えます。

ただ、ラウンドよりも強度が低くなります。

ポイント

ポイントは先端が尖った形で、オーバルをさらに細くしたような形です。

ネイルファイルを当てる角度は45度にし、ストレスポイントから先端に向かって削っていきます。

あまり細くしすぎると折れやすくなってしまいますから、イメージとしてはオーバルの細めと考えます。

先端が細く欠けやすいので、薄い爪の方には向いていませんから、ジェルネイルなどで補強した爪に適しているでしょうね。

スクエア

サイド、先端ともストレートな四角い形です。

ネイルファイルを当てる角度は90度にし、特に先端が曲がらないように気をつけます。

この形が一番強度がありますが、角が鋭角なので引っかかりやすいですね。

赤ちゃんや幼児のいるママは、その角で子供を引っ掻いてしまうこともあるので、あまり向いていないと思います。

スクエアオフ

スクエアの両端の角を落とした形です。

ネイルファイルを当てる角度は90度にし、特に先端が曲がらないように気をつけます。

角を削りすぎると、ラウンドに近くなってしまいます。

スクエアの次に強度があり、指も長く見える形、さらに引っ掛かりがないので生活もしやすいです。

長さはどうする?

短いネイルも長いネイルも、お客様の好みや生活のしやすさなどから決めていきます。

長い爪が苦手なのに、最初からちょうど良い長さにしてしまうと、次に来店してもらう1ヶ月後にはかなり伸びてしまいます。

1ヶ月で3ミリほど伸びることをお伝えして、長さを決めましょう。

爪の黄金比は爪の先端部分(白い伸びている部分)が爪全体の3分の1から4分の1が理想と言われています。

爪の裏側から見て、爪の白い部分が2~3mm出ているくらいが、生活に支障もなく綺麗に見えますね。

まとめ

爪の形や長さで、手元の印象が変わります。

それらを意識しながら、ネイルデザインと共に提案できると良いですね。

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう