弱酸性のジェルは薄付きで浮きやすくなります【過去メルマガ2021/8/12】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
何度かお伝えしていますが
弱酸性のジェルは
爪に優しい処方なので
ネイリストの技量が試されます。

弱酸性のジェルは
薄付きにすると
浮きやすいのですが、

その理由は
定着方法にあります。

酸性のジェルは
爪組織の内部に
絡み合うように入り込んで
定着していますが

弱酸性のジェルは
爪表面に
吸着するように
定着しています。

爪表面にピタッと
定着している場合

蒸散作用や
爪先端への力の加わりが
ジェルそのものに
ダイレクトに伝わり
浮きの原因になります。

この時
薄いとなおさら
影響を受けやすくなるので

酸性のジェルよりも
少し厚みを持たせないと
心配です。

とはいっても
ぼってりと
厚塗りをするのではなく、

メリハリのある
フォルム形成をして
適量をしっかりと
塗布しましょうという
意味です^^

特にInstagramなどで
「根元がこんなに薄く
立ち上がるような
フォルム形成です」

「爪が伸びても
全く段差がない
ジェルネイルです」

このような画像を見ると思いますが

これは
酸性のジェルだからこそ
できるのであって、

弱酸性でやると
早めに浮いてきます。

どんなジェルでも
同じ塗り方ではないので、

この定着方法を考えながら
施術をしてみてくださいね。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 爪が傷むのはお客様のせい?【過去メルマガ2022/5/21】

  2. 爪にはターンオーバーがないから・・・【過去メルマガ2022/5/20】

  3. 持病で剥離しやすかった私の爪が・・・【過去メルマガ2022/5/16】

  4. 爪の先端が落ちているわし爪さんのジェルの塗り方【過去メルマガ2022/5/9】

  5. お客様が自分でオフできないジェルでいいの?【過去メルマガ2022/5/7】

  6. 爪がどんどん理想的な状態になるんですよ^^【過去メルマガ2022/5/1】

PAGE TOP