以前はハードジェルしかなかったのですが、いまはアセトンで除去できるソフトジェルが主流です。

けい普通の顔

ハードジェルはアセトンで除去できないので、ファイルやマシンで削り落とさなくてはなりません。

以前はジェルと一緒に爪を削ってしまうトラブルが多かったようで、そこまでジェルネイルも広まりませんでした。

でも、その後出てきたアセトンでジェルネイルを柔らかくして落とすソフトジェルのおかげで、ここまで広まりました。

けい普通の顔

では、ハードジェルはもう必要ないのかというと、そんなことはありません。

一時期はソフトジェルが最高!と言われてきましたが、ハードジェルの硬さやフィルインができるメリットが見直されて、今はハードジェルを使っているネイリストも多いです。

あなたも、メリットを理解してハードジェルを取り入れてみてはどうでしょう。

けい普通の顔

この記事では、ハードジェルを施術で扱う時のメリットやポイントをお話しします。

ハードジェルが浮きやすいお客様へどうやって施術したらいいの?

通常のハードジェル施術では、爪のケアをしてウォッシャブルファイルで傷入れをした爪に、直接ハードジェルを乗せていきます。

でも、ハードジェルは柔軟性がないので、爪が柔らかいお客様は爪のしなりとハードジェルの硬さが連動しないことが原因で、浮きやすくなってしまいます。

けいひらめいた顔

その場合、私はハードジェルを乗せる前に、爪の根元にソフトジェルを乗せて硬化します。

人によっては、爪全体に乗せる場合もあります。

そのあと、通常通りハードジェルを乗せていきます。

この「爪とハードジェルの間にソフトジェルを挟む」という一手間を行うことによって浮きにくくなります。

アセトンアレルギーでも安心して使えるのが良いところ

けい普通の顔

私がハードジェルを勧める理由の一つは、オフをする時にアセトンを使わなくても良いからです。

アセトンアレルギーのお客様や、皮膚を乾燥させたくないお客様にはとても大きなメリットですよね。

けい泣いた顔

でも、ハードジェルを削り落とす時に、爪とハードジェルの境目がわからないと爪を削ってしまいます。

この境目がわかるようになるには、何度も自分の爪で練習をすると良いです。

けい泣いた顔

私も最初は、よくわかりませんでした。

でも、自分の爪で痛い思いをしながら練習したことで、爪とジェルネイルの境目がわかりようになりました。

薄い爪でもロングネイルが楽しめます

ソフトジェルでは、爪が折れてしまうほどに薄い爪だけれど、長さを保ちたいお客様。

そのの望みを叶えてくれるのがハードジェルです。

けいひらめいた顔

長さ出しができるだけの硬さがあるので、薄い爪に乗せることで長さを保つことができ、ロングネイルも楽しんでもらえます。

ソフトジェルのなかには長さ出しができるジェルもありますが、やはりハードジェルの硬さにはかないません。

私も爪がペラペラなので、ソフトジェルの長さ出しをできるジェルでは、ある程度の長さになったら爪に亀裂が入ってしまうことも。

けい普通の顔

そういった爪のお客様にはハードジェルを使ってあげるほうが良いですね。

フィルインが簡単にできます

もともとジェルネイルのフィルイン(ベースジェルを1層残して、その上に施術していくテクニック)は、ハードジェルで行うものです。

けい普通の顔

ハードジェル施術のお客様は、基本的に毎回フィルインです。

フィルインは爪の傷入れを最低限の範囲にできるので、爪がどんどん薄くなることはありません。

まとめ

ハードジェルは使い方を間違わなければ、爪を傷めたり薄くするものではありません。

むしろ、フィルインを行ないアセトンを使わないことで、爪や皮膚に優しいとも言えます。

お客様の望みを叶えることができるハードジェル、ぜひトライしてみてくださいね。

 

フィルインをしっかり定着させる、爪を育てながらジェルネイルをする方法はこちらから。

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう