以前はハードジェル(溶液で除去できないジェルネイルの材料)しかありませんでしたが、いまの主流はソフトジェル(溶液で除去できるジェルネイルの材料)になっています。

ハードジェルは溶液で溶けませんから、ネイルファイルやネイルマシンで物理的に削って落とします。

技術の不足しているネイリストがハードジェルを扱うことで、以前はジェルと一緒に爪を削ってしまうトラブルが多かったようで、そこまでジェルネイルも広まりませんでした。

ですがその後出てきた溶液でジェルネイルを柔らかくして落とすソフトジェルのおかげで、ここまで広まりました。

では、ハードジェルはもう必要ないのかというと、そんなことはありません。

一時期はソフトジェルが最高!と言われてきましたが、ハードジェルの硬さやフィルができるメリットが見直されて、今はハードジェルも見直されています。

苦手意識のある方もいると思いますが、メリットを理解して取り入れてはいかがでしょうか。

こちらの記事では、ハードジェルを施術で扱う時のメリットやポイントを、私が実際の現場で行っているテクニックと併せてお伝えしていきます。

ハードジェルが浮きやすいお客様への施術方法

通常のハードジェル施術では、爪のケアをしてウォッシャブルファイルで傷入れをした爪に、直接ハードジェルを乗せていきます。

ですが、ハードジェルは柔軟性がないので、爪が柔らかいお客様は爪のしなりとハードジェルの硬さが連動しないことが原因で、浮きやすくなってしまいます。

そのようなお客様の場合、私はハードジェルを乗せる前に、爪の根元にソフトジェルを乗せて硬化します。人によっては、爪全体に乗せる場合もあります。

そのあと、通常通りハードジェルを乗せていきます。

この「爪とハードジェルの間にソフトジェルを挟む」という一手間を行うことによって、ハードジェルが浮きやすいお客様も浮きにくくなります。

ぜひお試しくださいね。

アセトンアレルギーでも安心して使えます

私がハードジェルをお勧めしている理由の一つは、オフをする時にアセトンを使わなくても良いからです。

アセトンアレルギーの方や、皮膚を乾燥させたくないお客様にはとても大きなメリットです。

でもハードジェルをオフするための削りで「爪とハードジェルの境目がわからない」と躊躇する方もいますが、これを克服するためには、何度も自分の爪で練習をすることが大切です。

私も最初はもちろんわからなかった時期がありました。

でも自分の爪で境目を見極められるまで練習をしたことで、爪とジェルネイルの境目も確実に判断できますし、爪を削らない自信があります。

この見極めができれば、ソフトジェルでも溶液を使わずに削り落とすことができます。

そうなると、どんなジェルのオフも怖くありません。

地味な練習ですが、できるまで何度も行ってみてくださいね。

薄い爪でもロングネイルが楽しめます

通常のソフトジェルでは爪が折れてしまうほどに薄い爪だけれど、長さを保ちたいお客様。

そのの望みを叶えてくれるのがハードジェルです。

長さ出しができるだけの硬さがありますので、薄い爪に乗せることで長さを保ってロングネイルも楽しんでいただけます。

ソフトジェルでも長さ出しができるジェルもありますが、やはりハードジェルの硬さにはかないません。

私も爪がペラペラなので、ソフトジェルの長さ出しをできるジェルでは、ある程度の長さになったら爪に亀裂が入ってしまいます。

ですから、そういった爪のお客様にはハードジェルを使ってあげるほうが良いですね。

フィルが容易にできます

もともとジェルネイルのフィル(ベースジェルを1層残して、その上に施術していくテクニック)は、ハードジェルで行うものです。

ハードジェル施術のお客様は、基本的に毎回フィルです。

フィルを行うことで爪の傷入れを最低限の範囲にできますので、爪がどんどん薄くなることはありません。

まとめ

ハードジェルは爪が傷むと思っていませんか?

扱いを間違わなければ、爪を傷める、薄くするものではありません。むしろ、フィルを行ないアセトンを使わないことで、爪や皮膚に優しいとも言えます。

ネイリストの技術があれば、お客様の望みを叶えることができるジェルですので、苦手意識のある方もぜひトライしてみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう