ジェルネイルが長持ちしない理由のひとつに、先端からの剥がれがあります。

先端が剥がれる理由に、トップジェルが薄い、顔料の多いカラージェルを使っている、お客様の指先の使い方が雑などがあげられます。

けいひらめいた顔

この3つを解消するための方法をお伝えしていきますね。

1・トップジェルが薄い

ジェルネイルの厚みは好みがありますが、主婦の方などは薄づきのジェルネイルでは先端が持ちません。

けい普通の顔

日々の家事や育児によって、ジェルネイルの先端が摩耗しやすいんです。

その場合、トップジェルは薄づきのものは避け、長さだしができるイクステンションジェルを使います。

硬さも粘度もあるので、先端をしっかりと囲むことができます。

先端を囲むというよりも、ジェルを付け足すといったほうが表現としては適切かもしれません。

そのくらいにしっかりと囲みますが、その時に注意しなくてはならないことがあります。

  • ジェルが爪の裏側に回り込まないようにする
  • 先端だけが盛り上がらないようにする
  • 全体的にぼってりとした印象にならないようにする

これらに気をつけて、しっかりと硬めのジェルで先端を保護していくと、指先をよく使う主婦の方でも先端からの剥がれを防ぐことができます。

2・顔料の多いカラージェルを使っている

けい普通の顔

白などの顔料の多いジェルは、衝撃で欠けやすいです。

そして衝撃があまりなくても、しっかりと硬化していない場合は剥がれやすくなります。

顔料の多いジェルを使う時は、基本をしっかりと守ることが重要です。

  • 攪拌をしっかりとする(攪拌不要でも、攪拌したほうが良いです)
  • ある程度使ったジェルは顔料濃度が濃くなっているので注意する(同じメーカーのベースジェルで薄めて使うなど対策をしてください)
  • 塗りすぎに注意する

ちょっとしたことで、持ちに影響してくるので注意が必要です。

3・お客様の指の使い方が雑

  • 爪先でシールやラベルを剥がす
  • カチカチと爪先を使う(パソコンなど)

ちょっとくらい良いかなとやってしまうことで、欠けたり剥がれたりしてしまいます。

けい普通の顔

それがきっかけで、ジェルネイルがはがれてしまうことがあるんです。

そして手の使い方はそれぞれに癖があるので、同じ指だけ剥がれたり欠けたりといったことが起こりがちです。

あまり続くような時は、先端だけジェルやアクリルで少し長さ出しをしてから施術をするのも防ぐ方法になります。

まとめ

ちょっとしたことの積み重ねで、ジェルネイルの持ちが大きく変わってきます。

けいひらめいた顔

持ちが良いことは、爪を傷めないことにも繋がります。

お客様にも日々の生活の中でできることをお伝えして、より良い状態にジェルネイルを保てるようにしたいですね。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう