私のお客様の中には、ハードジェル施術をずっと何年も続けているお客様がいます。

そのお客様がハードジェルを選んでいる理由をお話しします。

自分で長さの調整ができる

ハードジェルで施術した爪は、先端をファイルで削っても剥がれてきません。

このお客様は、施術した時点で1番好みの長さにしたいと希望しています。

ですが、1ヵ月で3ミリほど伸びるので、次の付け替えのときにはかなり長くなってしまいます。

自分の好みの長さにいつも保っていられるように、ハードジェルを選ばれています。

アセトンで乾燥したくない

皮膚の乾燥しやすいお客様なので、ご本人もアセトン使いたくないと考えています。

ハードジェルはアセトンを使わずに、ネイルマシンで削っていきます。

こちらの写真のように、ベースジェルだけ残します。

ハードジェルをベースに塗った右手

ベースジェルだけ残した左手

その後、プレパレーションを行って、段差のないようにハードジェルをベースとして塗っていきます。

薄い爪でも長さが保てる

ハードジェルで施術をした手元アップ

こちらの写真のように、少し長めが好みなお客様です。

爪が薄いお客様なので、ハードジェルを使うことによって強度が増し、長さを保つことができます。

いつも自分の好きな状態でネイルを楽しめるのは、お客様にとって嬉しい事ですね。

まとめ

お客様の要望に合わせて使うジェルを変えていくことができると、それだけ施術の幅が広がりますね。

爪を削らずにベースだけ残す技術、段差を作らずにプレパレーションを行う技術、段差をなくしたベースジェル塗布の技術。

それがあれば、ハードジェル施術を行うことができます。

慣れてしまえば、さほど難しい技術ではありませんから、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう