ネイリストが爪を削っている?【過去メルマガ2021/10/24】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
昨日のメルマガで
爪を傷める
理由を3つお話ししました。そのうちの
まず1つ目は
「ジェルネイルのオフや
プレパレーションで
ネイリストが
爪を削っている」ということ。

今回はその中でも
プレパレーションで
結構削れているんだよという
お話しです。

ちょっと見えにくいですが
次の写真は
プロテケアネイル®技術講習の
補足資料に入れてある
爪の拡大写真(50倍)です。
(モデルは私の息子)

左上:何もしていない自爪
右上:プロテケアネイル®の撫で当て(2回)
左下:通常のサンディング(2回)
右下:ウォッシャブルファイルでサンディング(2回)ジェルネイルで行う
左下のサンディング、

ある程度使った
180グリッドのバッファーで
力を入れずに
2回サンディングしただけで
こんなに傷が入ります。

でも、
同じところを
2回では済まないですよね。

ということは、
通常のやり方では
削っていないつもりでも
削れているということなんです。

ちばみに右上の
プロテケアネイル®の
撫で当ては、

優しく肌を撫でるような力で
「ピーリングをした後の
丸裸の爪」を
優しく曇らせるため
ほとんど傷は入りません。

なので
爪を傷めることなく
ジェルを乗せることが
出来るんです。

それなら
ノンサンディングのジェルが
良いんじゃないの??と
思いますよね。

でも、
ノンサンディングジェルでは
かえって爪を傷めることも
あるんですよ。

それは
明日の「酸の入ったジェル」のお話しで
ご確認くださいね^^

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 本当に「あのやり方」で良いの? 【過去メルマガ2022/8/14】

  2. 15日から価格改定となります【過去メルマガ2022/8/12】

  3. 副爪は爪と一体化していることも多いです【過去メルマガ2022/8/4】

  4. TATでプロ価格購入できるようになりました【過去メルマガ2022/7/26】

  5. 講師会3年目に入りました【過去メルマガ2022/7/24】

  6. それって本当に自爪育成ですか?【過去メルマガ2022/7/22】

PAGE TOP