ネイル商材でアレルギーが出るとこうなります【過去メルマガ2021/3/27】

こんばんは、一般社団法人プロテケアネイル®協会の加藤圭です。
最新版▶️プロテケアネイル®ライセンスアカデミー概要はこちらからみることができます
最近ブログアクセスの
キーワードとして

「ジェルネイルアレルギー」
が入ってきています。

以前から
アレルギーについて
検索されているのですが、

花粉の季節で
さらにアレルギーが
悪化しがちなので
より検索されているのかなと
感じます。

アレルギーについては
私自身が
ネイルのアクリル商材で
ひどいアレルギーを発症しました。

前にもシェアした写真ですが
手がこのような
状態になります。
※これはかなり
良くなってから写真です

もっとひどいときは
痛くて筆を持つことは
ギリギリできても

箸を持って
動かすことができず
フォークをグーで持って
刺して食べていました。

さらに
呼吸器にも発症して

呼吸困難になる恐れが出て
完全にドクターストップがかかり
アクリルは
基本的に触れません。

こうなると、
あくりるだけではなく
ジェルにも
アレルギー反応が起こり、

特に
アレルギーの原因となる
酸が入っているジェルは
種類によっては

爪に乗せて固めた後でも
指や手全体が
かゆくてかゆくて
大変なことになります。

どうして
酸が入ったジェル・・・
いわゆるモノマーの成分ですが、

そういったジェルは
固めた後にも
アレルギーが
発症するのか、

酸性のジェルの特性から
理解することが
できます。

明日は
その話をしていきますね。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. ジェルを使わない自爪育成に限界を感じて・・・【過去メルマガ2022/11/29】

  2. 弱酸性のジェルに挫折したネイリストさん来てください【過去メルマガ2022/11/24】

  3. 銀座サロンの業務委託ネイリストさん募集します【過去メルマガ2022/11/21】

  4. ジェルすることがケアになる!次世代ネイルメソッド【過去メルマガ2022.11.20】

  5. プロテケアネイル®の自爪育成はなぜ結果が早くて持続するのか【過去メルマガ2022/11/10】

  6. どうしてホームケアでジェルが長持ちするの?【過去メルマガ2022/11/6】

PAGE TOP