ジェルネイルはおしゃれのために行うことがほとんどですが、私のように自爪が薄く日常生活にも支障が出る人は、爪の保護のためにも付けています。

ジェルネイルが付いていないと、ちょっとした動作で爪に亀裂が入ったり折れたりしてしまうんです。

爪が薄すぎて、お風呂に入った時には熱さが伝わって痛いこともあるんですね。

そんな状態なのに、ネイルサロンで「ジェルネイルで爪が傷んできましたね。半年ほどお休みしましょう。」なんて当たり前のように言われたら、本当に困ってしまいます。

私のところにも、そのようなお客様が駆け込み寺のようにいらっしゃることがあります。

ひどい二枚爪だったお客様

初めていらっしゃったそのお客様は、爪の先端3分の1がすべてひどい2枚爪になっていました。

二枚爪の原因は乾燥や栄養不足も考えられますが、このお客様は通っていたネイルサロンでのジェルネイルが原因で爪が傷んだようです。

そのネイルサロンでは「この状態ではジェルネイルが持たないのでお休みしてください」と言われ、困っていた時に私を見つけて来店してくれました。

ネイルサロンで2枚爪にされたのにジェルネイルが出来ないなんて言われても、お客様は唖然としてしまいますよね。

そして二枚爪をそのままにしておくと、乾燥や衝撃でどんどん進行してしまうこともよくあります。

私のサロンの技術は、傷んだ爪にもジェルネイルを乗せて持たせることが出来ますから、まずはジェルネイルで保護しながら傷んだ部分を伸ばしてカットしていきましょうと伝えました。

二枚爪の処理

二枚爪をどうするかは、ネイリストによっても考え方が違うようです。

二枚爪の部分にジェルを入れ込んでしっかりと固める方法もありますが、私はネイルマシンを使って、爪を削らずに浮いた部分だけを取り除きます。

お客様には「絶妙な力加減ですね!」と言われますが、ネイルマシンで爪を傷つけないでケアや施術をしていく技術はネイリストならではですね。

その後まずは3週間後に来店してもらいました

最初の施術から3週間後に来てもらい、浮きや剥がれがないのをチェック。

一旦ジェルネイルをオフし、伸びた分もカットしたので、2枚爪の半分以上がなくなりました。

その後また3週間後に来店してもらったところ、傷んだ部分が全てなくなり健康な爪の状態に戻りました。

そのお客様は「今まで通っていたサロンは、なんだったんでしょうね」と、少し困惑されていました。

まとめ

「傷んだ爪には、ジェルネイルはできません」

そう言われて困っているお客様こそ、私のところに来てくださいと言っています。

私自身がジェルネイルをつけていないとどれだけ日常生活が大変なのかを知っているので、他で断られたお客様にはどんどん来てもらえたらと思っています。

そして、そうやって来てくださったお客様は常連になってくれます。

それは私以外「助けてくれないから」です。

自分を信頼して来てくださるお客様が通ってくださるということは、自分にとっても本当に励みになり、この仕事をしていて良かったなと思えます。

施術の金額ではなく、あなたにしか頼めないからと信頼して来てくれるお客様をこれからも大切にしていきたいですね。

 

【ノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまう悩みを今すぐに解決する方法があります】

 

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を健やかに保つことを両立させた、特許出願中の技術です。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう