新規のお客様のジェルネイルをオフしたら、爪の形が左右対象になっていませんでした。

どの爪も、同じようなある削りクセがあったんです。

右利きは向かって右側が削れやすい

爪の形を整えるとき、ネイリストの手の動きはどうなっているでしょうか。

ネイリストが右利きの場合、爪に向かって右側は手首をひねって、奥から手前へ押すように削ります。

反対の向かって左側は、奥から手前に引くように削ります。

この場合、どうしても向かって右側の、奥から手前へ押すように削るほうが力が入ります。

それを考慮して削らなくてはなりません。

爪の形が左右非対称

何も考えずにただ削っていると、力の入り方が違うので、爪の形が左右非対称になってしまいます。

私が施術したお客様も、10本の爪全ての右側が、かなり鋭角に内側に入り込んで、爪が伸びても形を整えるのが困難なほどでした。

まとめ

担当したお客様が以前通っていたネイルサロンは、価格も安くどんどんお客様を回転させるような、クイックのネイルサロンでした。

担当したネイリストも時間に追われて、爪の形の確認までできなかったのかもしれませんね。

でも、爪の形を整えるのは基本中の基本、そして見栄えに影響するとても大切な部分です。

お客様が出来上がったときにがっかりしないように、自分に削る癖がないか確認してみると良さそうです。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認
   

この記事が気に入ったら
いいね!しよう