爪の形がきちんと整っていなかったんです

新規のお客様のジェルネイルをオフしたら、爪の形が左右対象になっていませんでした。

けい普通の顔

どの爪も、同じような削り癖があったんです。

右利きは向かって右側が削れやすいんです

爪の形を整えるときに、ネイリストの手の動きはどうなっているか想像してみてください。

ネイリストが右利きの場合、爪に向かって右側は手首をひねって、奥から手前へ押すように削ります。

反対の向かって左側は、奥から手前に引くように削ります。

けい普通の顔

この場合、どうしても向かって右側を削るほうが力が入ります。

それを考慮して削らなくてはなりません。

爪の形は左右対称になるように削ります

けい泣いた顔

何も考えずにただ削っていると、力の入り方が違うので、爪の形が左右対称ではなくなります。

私が施術したお客様も、10本の爪全ての右側がかなり鋭角に内側に入り込んで、爪の形を整えるのは困難でした。

まとめ

新規のお客様が以前通っていたネイルサロンは、価格も安く、どんどんお客様を回転させるネイルサロンでした。

担当したネイリストも時間に追われて、爪の形の確認までできなかったのかもしれませんね。

けい普通の顔

爪の形を整えるのは見栄えだけではなく、衝撃に対応する時にも大きな影響があります。

爪の形を整えるのはネイリストとして一番基本になる技術なので、削り癖がないかどうか確認してみると良さそうです。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 酸性のジェルで爪を傷めることがあります【過去メルマガ2021/10/24】

  2. ネイリストが爪を削っている?【過去メルマガ2021/10/24】

  3. ジェルネイルで爪が傷む大きな3つの理由【過去メルマガ2021/10/23】

  4. アセトンを使いたくないんですが・・・【過去メルマガ2021/10/22】

  5. 自爪育成はこの4つが大切【過去メルマガ2021/1021】

  6. プロテケアネイル®認定講師の勉強会でした【過去メルマガ20201/10/20】

PAGE TOP