プロテケアネイルアカデミーの「ライセンスコース」を受講されている、静岡県のネイリストWさんがライセンス試験を受験されました。

日々のサロンワークの中でプロテケアネイル技術を取り入れて、サロンでの指名も増えたと喜んでくれています。

初夏にはご自身のサロンを店舗型でオープンされるので、ますますやりがいがありますね!

満点で合格できるように頑張りたい!

Wさんは毎回静岡県から新幹線に乗って、私の自宅サロンまで受講しに来てくれました。

ライセンス試験前には、満点で合格できるように頑張りたいとメッセージもくださって、一生懸命に前に進んでいらっしゃるのが伝わってきます。

当日はあいにくの雨でしたが、時間通りに来てくださり試験開始です。

ライセンス試験は、プロテケアネイル技術をオフ~オンまで遠しで実践していただく他、アートやダメージ爪の補修、筆記があります。

プロテケアネイルライセンス試験は、落とすための試験ではありません。

「プロテケアネイルの技術と理論を修得することができているか、基本的なサロンワーク技術が身についているか」を確認する試験になります。

筆記試験のこの部分がとても大切です

筆記試験の中には、ネイリストとしての在り方や想いを書く部分があります。

ここに答え(考え)を書くことで、その後の在り方や進み方を考えてもらいたいと思っています。

あなたはプロテケアネイル技術で、どんなお客様のお役に立てると思いますか?
→ジェルネイルをすると爪が傷むと思っているお客様、爪にコンプレックスがありネイルを諦めているお客様

あなたと他のネイリストの違いは何ですか?
→元々爪にコンプレックスがあるので、ネイルサロンに入りずらい、ネイルに無関心になってしまう方の気持ちがよくわかるので、キレイになった時にお客様の喜びに人一倍共感できます。
「美しさ」というのはその人それぞれに感性があり、時代や置かれた環境によりうつろいやすく、また時に女性に不自由なものであると思います。
「美」に使われるのではなく、楽しく日用品として愛用してもらうことができうように、私は健康な爪であり、ジェルネイルが適切に定着する事が不可欠であると考えプロテケアネイルを学びました。
この技術を使ったジェルネイルを、多くの女性にお届けします!

まとめ

Wさんは、いろいろな困難を乗り越えて、今前向きに進んでいらっしゃいます。

その中で、プロテケアネイル技術と加藤先生に出会えてよかったと、とても嬉しいことをおしゃってくださいました。

たくさんの女性を笑顔にしたい、その同じ想いを抱いているWさんに技術をお伝え出来て本当に良かったです。

これからのご活躍を陰ながら応援しています。

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許取得のネイル技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する

 
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう