お客様の指先の使い方などで、ジェルネイルがはがれてしまうことがあります。

先日スキンケアネイリスト養成講座を受講してくれたネイリストさんから、お客様の写真とともに質問が来ました。

ジェルネイルがシールをはがすようにつるんとはがれたようです

そのネイリストさんのお客様は、草取りを素手でしたようで、衝撃でジェルネイルも取れてしまったようです。

ネイルの様子

その時に、爪の表面が白くガサガサになることなく、シールがはがれるようにつるんと取れたと、お客様が様子を知らせてくれたそうです。

ジェルネイルがはがれたのに、爪が傷んでいない。お客様は喜んでいたそうです。

ネイリストさんからは、こうなるのもスキンケアネイル技術の特徴ですか?と聞かれました。

爪に深い傷を入れないからこそです

スキンケアネイル技術では、爪の表面をスポンジバッファーで曇らせることはしますが、深い傷を入れることはありません。

ジェルが取れにくい人は良いけれど、取れやすい人でも大丈夫なのかな?と思うかもしれません。

でも、きちんと爪を育てるネイルケアをすることでそれが可能なんですね。

その深い傷を入れないことで、ジェルオフをしても、万が一ジェルネイルがはがれてしまっても、ジェルが爪表面を持っていくことがないんです。

だから、写真をみてもらってもわかるように、爪表面がガサガサしたり荒れたりといった傷んだ爪にならず、綺麗な爪のままなんです。

まとめ

お客様の爪を傷めずに施術をし、その後の生活の中でも傷めないようにしていきたいですよね。

ジェルネイルがはがれてしまった時に爪が傷むと、せっかく爪を育てたいと思っても難しくなります。

今回はお客様が素手で草取りをしてしまったので、ゴム手袋をしてもらうようにお願いしてもらいました。

ネイリストの爪を傷めない技術と、お客様の日々の生活での気遣いの二人三脚で、爪を育てながら長持ちするジェルネイルを作っていけると良いですね。

 

 

【ノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまう悩みを今すぐに解決する方法があります】

 

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を健やかに保つことを両立させた、特許出願中の技術です。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう