スキンケアネイリスト養成講座を受講したネイリストさんから、質問が来ました。

れあ子さん

お客様のジェルネイルが、庭仕事ではがれてしまったんです。

けい普通の顔

素手で作業をすると、時々そういったことが起こりますね。

れあ子さん

でも、ジェルがはがれたのに、爪の表面が全然傷んでいなかったんです。これは、スキンケアネイル技術の特徴なんですか?

けい普通の顔

そうですね、この技術で施術をしたお客様のジェルがはがれても、ひどく傷んだことはないです。

ジェルネイルがはがれたのに、爪の表面が傷んでいないのはなぜだと思いますか?

ジェルネイルがシールをはがすようにつるんとはがれたようです

そのネイリストさんのお客様は、草取りを素手でしたようで、衝撃でジェルネイルも取れてしまったようです。

ジェルネイルの剥がれた様子

爪の表面が白くガサガサになることなく、シールがはがれるようにつるんと取れたと、お客様が様子を知らせてくれたそうです。

れあ子さん

ジェルネイルがはがれたのに爪が傷んでいないって、お客様は喜んでいました!

同じように、私のサロンに通うお客様もジェルネイルがはがれてしまったことがあります。

その方は、栓を爪先で取ろうとしてはがれたと言っていました。

ジェルネイルのはがれてしまった爪先

このように、ジェルがはがれてしまっても爪の表面はつるんとしています。

爪に深い傷を入れないことが大切です

スキンケアネイル技術では、爪の表面をスポンジバッファーで曇らせることはしますが、深い傷を入れることはありません。

けいひらめいた顔

爪の表面にある甘皮薄皮角質を綺麗に除去することで、爪に深い傷を入れなくても良いんです。

深い傷を入れないことで、ジェルオフをしても、万が一ジェルネイルがはがれてしまっても、ジェルが爪表面を持っていくことがないんです。

だから、写真をみてもらってもわかるように、爪表面がガサガサしたり荒れたりといった傷んだ爪にならず綺麗な爪のままなんです。

まとめ

ジェルネイルがはがれないように、庭仕事などは素手ではなくゴム手袋を使ってもらうと良いですね。

それでもはがれてしまうことがあります。

けい普通の顔

そうなった時でも、爪が傷んでいないとお客様も安心ですね。

 

 

どんなベースジェルを使ってもジェルネイルが取れてしまう悩みを、爪を育てながら今すぐ解決する方法があります

あなたはノンサンディングジェル、定着の良いと言われるジェル、さらにはプライマーも使っているのに、ジェルネイルが取れてしまって悩んでいませんか?

お客様のジェルネイルを今すぐ劇的に長持ちさせることと、爪を育てることを両立させた特許出願中の技術で、その悩みがあっという間に解決します。

↓↓↓下のバナーをクリックして、その秘密を確認してみてください↓↓↓

こちらから確認する
     

この記事が気に入ったら
いいね!しよう